Q13: 政府方針が変化した根拠は?

金子氏の発言

国会決議の直前まで、政府の方針は、アイヌの人々は国連宣言に言う先住民族ではないというものでした。なぜならば、そのような根拠が歴史的にないからであります。(2014/9/22 札幌市議会)

第131回国会 参議院内閣委員会(1996年)

○萱野茂君 次に、先住民族であることの確認についてお伺いします。大変しつこく質問して恐縮でありますが、とても大切なことでありますので、次に先住民族の定義についてお伺いしたいと思います。
ここまで私は、旧土人保護法、外人土地所有法、オットセイ保護条約など、これまで日本政府が条約や法律の中でアイヌ民族をどのように扱ってきたかについて申し上げてきました。政府の行為としてアイヌモシリを異国として扱ってきたこと、アイヌを異民族として扱ってきたこと、アイヌが先住民であり、日本はアイヌモシリを侵略し、支配してきた事実について十分御理解いただけたものと思います。それにもかかわらず、政府はアイヌを先住民族として認めようとしていません。これまでの国会の政府答弁を要約しますと、少数民族であることは最近になって渋々認めました。しかし、先住民族であるか否かについては、古くから住んでいることは認めるが、先住民族との固有名詞を使うことはちゅうちょせざるを得ないとしてきています。
官房長官、私は個人的に長官には三十年来、私の貧しい平取町の中の二風谷村の民芸品アツシ織などをすべてお買い上げ願って、長官に向かって言いづらいし、顔を見ただけでもありがたい人がそこに座っているということで言いづらいのでありますが、官房長官、あなたはかねがねアイヌが北海道の先住民であることを政府に求めてきた第一人者でありますが、きょう私が申し上げたことでさらにその確信を深められたものと想います。先住民族として認めてくださるかくださらないか、その辺をお伺いできれば大変ありがたいと思います。
○国務大臣(五十嵐広三君) ただいまの萱野委員の御意見は、我が国国政史上アイヌ民族出身の国会議員としての、しかもみずからの民族にかかわる初めての御質問でございまして、大変意義深くお伺いをした次第であります。
ただいまるるお述べになりました御意見は、これまでの歴史においてアイヌの人々が受けた深い悲しみや痛みに満ちたその思いというものを率直に訴えられたものと存じまして重く受けとめさせていただきたい、このように存ずる次第であります。
御質問の点でございますが、アイヌの方々が北海道に先住していたということは既に学説上の通説でございまして、また先ほどのお話にもございました北海道旧土人保護法の制定自体が北海道に土着する民族としてのアイヌの方々の存在を示しているものであろうというふうに思うところであります。
しかし、いわゆる先住民族の定義につきましては、先住権との関係もございまして国際的にもまだ明確な定義がございませんで、国連の関係機関でも議論が続けられている難問でありますことは御承知のとおりでございます。政府としては今後アイヌ新法問題論議の中で真剣に検討を進めさせていただきたい、このように思う次第であります。

A13:

金子氏が主張するように「根拠が歴史的にないから」先住民族と認めなかったわけではなく,先住民族の定義が確定するまで政府が対応を先延ばしにしていたのがその理由。

広告